Accumulation/Distribution(A/D)

A/Dテクニカル分析は、価格と数量の変化によって決定されます。数量は、価格変動時の加重係数となるため、この係数(数量)が高いほど、(この期間についての)価格変動の分析の値への寄与が増大します。

事実、このテクニカル分析は、より一般的に用いられているOn Balance Volumeテクニカル分析の変形です。どちらもそれぞれの出来高の測定により、価格変動を確認するために利用されます。

A/Dテクニカル分析の上昇は、特定通貨ペアの集積(買い)を意味します。出来高の圧倒的な割合が、価格上昇トレンドに関係するからです。このテクニカル分析の下落は、その通貨ペアの離散(売り)を意味します。ほとんどの売りが、価格の下落局面で起きるためです。

A/Dテクニカル分析と、通貨ペアの価格の乖離は、目先の価格変動を示唆します。原則として、こうした乖離がある場合、価格とテクニカル分析の動く方向は一致します。したがって、このテクニカル分析が上昇し、通貨ペアの価格が下落している場合、価格の反転が予想されます。

計算:

1日の出来高の特定部分が、このテクニカル分析の現在の累積値に加算または控除されます。終値が当日の高値に近いほど、加算部分は大きくなります。終値が当日の安値に近いほど、控除部分が大きくなります。終値が当日の高値と安値のちょうど中間になる場合は、テクニカル分析の値は変化しません。

A/D = SUM[((CLOSE — MINIMUM) — (MAXIMUM — CLOSE))*VOLUME/(MAXIMUM — MINIMUM), N]

ここで :
N : この計算に使用される期間数

Accumulation/Distribution