Average Directional Movement Index

Average Directional Movement Index(ADX)は、価格トレンドの有無の判断に役立ちます。Welles Wilderがこれを開発し、その著書「New concepts in technical trading systems」の中で詳しく述べています。

ディレクショナルムーブメントのシステムに基づいた、この最も単純なトレーディング手法は、2つの方向性テクニカル分析、すなわち14期間の+DIの1と、14期間の-DIを比較するものです。これを行うには、テクニカル分析チャートを重ね合わせるか、+DIを-DIから差し引きます。W. Wilderは、+DIが-DIを上回るときに買い、+DIが-DIを下回るときに売るように勧めています。

このような単純な取引原則に加えて、Wells Wilderは「極値点のルール」を提唱しました。これを利用するのは、誤ったシグナルを排除し、取引回数を減らすためです。極値点のルールに従うと、「極値点」とは、+DIと-DIが相互に交わる点のことです。+DIが-DIを上回っている場合、2つが交わる点がその日の高値となります。+DIが-DIを下回っている場合、2つが交わる点がその日の安値となります。

次に極値点は、市場参入水準としても利用されます。したがって、買いシグナル(+DIが-DIを上回る)が出た後は、かならず価格が極値点を上回るまで待って、それから買うべきです。しかし価格が極値点を上回ることができなければ、そのショートポジションを保持すべきです。

計算

ADX = SUM[(+DI-(-DI))/(+DI+(-DI)), N]/N

ここで :
N : 計算の中で使用される期間の数

Average Directional Movement Index