Bears Power

取引は、日々、価格を押し上げる買い手(「ブル派」)と価格を押し下げる売り手(「ベア派」)との攻防です。どちらのサイドが相手を負かすかによって、その日の終値が前日終値を上回ったり下回ったりします。日中の結果、とりわけ高値と安値を見ると、日中にどのような攻防戦が繰り広げられたかが判断できます。

Bears Powerのバランスを予測することは非常に重要です。なぜなら、このバランスの変化がトレンドの反転の可能性を最初に示唆するシグナルとなるからです。この予測というタスクは、アレキサンダーエルダーが考案し、彼の著書「Trading for a Living(邦題:投資苑)」で解説しているBears Power Oscillatorを使って解決できます。エルダーは以下の前提に基づいてこのBears Powerを導き出しました。

  • 移動平均はある一定の期間における売り手と買い手の価格合意である

  • 安値はその日の売り手の最大のパワーを示している

これらの前提に基づき、エルダーは安値と13期間の指数移動平均との差異(LOW-EMA)としてBears Powerを考案しました。

応用

このOscillatorは、以下のように、何らかのトレンド分析(移動平均が最も一般的)と組み合わせて使うと、より効果的です。

  • トレンド分析が上向きでBears Powerインデックスがゼロ以下だが上昇している場合は、買いシグナルである

  • この場合、テクニカル分析チャート上に谷の乖離が形成されていることが望ましい

計算

このテクニカル分析の計算ではまず、指数移動平均を計算します(原則として、13日EMAを用いることを推奨します)。

BEARS = LOW-EMA

ここで :

BEARS : Bears Power

LOW : 現在のバーの安値

EMA : 指数移動平均

下降トレンドのときは、LOWはEMAを下回るので、Bears Powerはゼロ以下になり、ヒストグラムはゼロラインより下に位置しています。価格が上昇してLOWがEMAを上回ると、Bears Powerはゼロを上回り、ヒストグラムもゼロラインを超えます。

Bears Power