Force Index

テクニカル分析のForce IndexはAlexander Elderによって開発されました。この指数は、勢力の増減ごとのBulls Powerを計測します。この指数は、市場情報の基本的な要素(価格トレンド、価格の下落、売買高)をつなぎ合わせます。指数はそのままでも利用できますが、 移動平均の助けを借りて近似化したほうが優れたものになります。短期の移動平均を利用した近似値(考案者は2つの期間を用いることを提案しています)は、ポジションをオープン及びクローズする最善の機会を見つけるのに役立てることができます。近似値が長期の移動平均で作成された場合(期間13日)、指数はトレンドとその変化を示します。

  • テクニカル分析の上昇傾向時に勢力がマイナスになったとき(ゼロ以下に下降する)は、買ったほうが良いことになります。

  • Force Indexは、新たなピークに向かって上昇しているとき、上昇傾向が継続するというシグナルを発します。

  • 売りのシグナルは、指数が下降傾向においてプラスになったときに発生します。

  • Force Indexは、新たな底に向かって下降しているとき、Bears Powerと、下降傾向が継続するというシグナルを発します。

  • 価格変化がそれに対応する売買高の変化と相関しない場合、勢力指数は1つの水準にとどまり、これは目先のトレンドの変化を示唆します。

計算

すべての相場の動きの勢力は、その方向、規模及び売買高で特徴づけられます。当日のバーの終値が前日のバーよりも高い場合、勢力はプラスです。当日の終値が前日の終値よりも低い場合、勢力はマイナスです。この価格差が大きいほど、勢力が大きくなります。また売買高が大きいほど、勢力は増大します

FORCE INDEX (i) = VOLUME (i) * ((MA (ApPRICE, N, i) – MA (ApPRICE, N, i-1))

ここで :
FORCE INDEX (i) : 現在のバーのForce Index
VOLUME (i) : 現在のバーの売買高
MA (ApPRICE, N, i) : 期間Nの現在のバーの任意の 移動平均
すなわち、単純, 指数, 加重または 平滑
ApPRICE : 適用された価格
N : 平滑化の期間
MA (ApPRICE, N, i-1) : 前のバーの任意の 移動平均

Force Index