Ichimoku Kinko Hyo(一目均衡表)

テクニカル分析であるIchimoku Kinko Hyoは、市場トレンド、支持線及び抵抗線の特徴を明らかにし、売買のシグナルを発生させるようにあらかじめ定義されています。このテクニカル分析は週足及び日足チャートで最も良く機能します。

パラメータの範囲を決定するとき、異なる長さの4つの期間を用います。このテクニカル分析を構成する個々のラインの値は、次に示すこれらの期間に基づいています。

  • 転換線は、第1の期間(過去9期間)の価格の平均値を、この期間の高値と安値の合計を2で割ったものとして示します。

  • 基準線は第2の期間(過去26期間)中の価格の平均値を示します。

  • 先行スパンAは、第2の期間の値で(26日)先行させた転換線と基準線の間の距離の中間を示します。

  • 先行スパンBは、第2の期間の値で(26日)先行させた第3の期間(過去52期間)中の価格の平均値を示します。

遅行スパンは、第2の期間の値で(26日)遅行させた当日のローソク足の終値を示します。先行ライン間の距離は別の色で描かれ、これは「雲」と呼ばれます。価格がこれらのラインの間にある場合、市場は非トレンドであると見なすべきであり、雲の上限・下限が支持線や抵抗線を形成します。

  • 価格が雲を上回る場合、上のラインは最初の支持線となり、第2のラインは第2の支持線を形成します。

  • 価格が雲を下回る場合、下のラインは最初の抵抗線を形成し、上のラインは第2の抵抗線となります。

  • 遅行スパンのラインが価格チャートを上抜く場合は買いのシグナルです。遅行スパンのラインが価格チャートを下抜く場合は売りのシグナルです。

基準線は相場の動きの指数として利用されます。価格がこのテクニカル分析よりも高い場合、価格はおそらく上昇し続けるでしょう。価格がこのラインを横切る場合、トレンドがさらに変化する可能性があります。基準線の別の利用方法はシグナルの観察です。買いのシグナルは転換線が基準線を上抜く場合に発生します。下抜くのは売りのシグナルです。転換線は相場トレンドの分析となります。このラインが上下する場合、トレンドが存在します。水平に移動する場合は相場がチャネルに入ったことを意味します。

Ichimoku Kinko Hyo