Momentum(モメンタム)

テクニカル分析であるMomentumによって、証券の価格が特定の時間で変動した量を計測することができます。

Momentumを利用する方法には基本的に次の2つがあります。

  • Momentumを、 MACDに似たトレンド追跡オシレーターとして利用することができます。テクニカル分析が底を打ち上昇を始めたときに買い、ピークを迎えて下降を始めたときに売ります。テクニカル分析の短期の移動平均をプロットして、底とピークがいつになるかを判断することもできます。

    Momentumが(過去の値と比べて)極端に高いまたは低い値に達した場合、現在のトレンドが継続すると見なすべきです。例えば、Momentumが極端に高い値に達して下降が始まった場合、価格がさらに高くなる可能性が高いと見なすべきです。いずれにしても、テクニカル分析から発せられたシグナルが価格によって確認できてから取引を行います(例えば、価格がピークを迎えて下降を開始した場合、売却する前に価格が下落し始めるのを待ちます)。

  • Momentumテクニカル分析は先行テクニカル分析としても利用できます。この方法では、相場の天井は一般に急速な価格上昇によって識別され(このときすべての人が価格の上昇を期待する)、相場の底は一般に急速な価格の下落によって終わる(このときすべての人が撤退を望む)と想定しています。このとおりになることは多いものの、大まかな一般化でもあります。

相場がピークを迎えるとき、Momentumは急上昇して、次に下降し、価格の上方または横への継続的な動きから乖離します。同様に相場の底では、Momentumは価格にかなり先行して急下降し、次に上昇を開始します。これらの状況はいずれも、テクニカル分析と価格の乖離を招きます。

計算

Momentumは、一定期間(N)前の期間の価格に対する今日の価格の比率として計算されます。

MOMENTUM = CLOSE(i)/CLOSE(i-N)*100

ここで :
CLOSE(i) : 現在のバーの終値
CLOSE(i-N) : 期間前のバーの終値

Momentum