MACD

MACDは、次のトレンドを追う(トレンド追随型の)動的テクニカル分析です。このテクニカル分析は2種類の価格の移動平均の相関を表しています。 .

MACDテクニカル分析は、26期間と12期間の指数平滑移動平均(EMA)の差となります。さらに、売買のタイミングを分かりやすくするため、いわゆる「シグナルライン」(9期間の分析値の移動平均)をMACDチャート上に表示します。

MACDは振幅の大きい市場で最も有効性を示します。MACDには3つの代表的な使い方があります。クロスオーバー(交差)、買われ過ぎ/売られ過ぎ状態、及び乖離です。

クロスオーバー(交差)

MACDを利用したトレーディングの基本は、MACDがシグナルラインを下抜ければ売りということです。同様に、MACDがシグナルラインを上抜ければ、買いです。MACDが0を超えたら買い、0を下回ったら売り、という方法もよく使われます。

買われ過ぎ/売られ過ぎ状態

MACDは買われ過ぎ/売られ過ぎを表す指針としても有効です。短期の移動平均が急激に長期の移動平均から乖離する(すなわち、MACDの値が上昇する)時は、証券価格が高騰している可能性が高く、まもなく、より現実的な水準に戻すだろうと考えられます。

乖離

MACDが証券価格の動きから乖離すると、現在のトレンドの終了が近いというサインです。強気の乖離は、MACDが最高値を更新しているにもかかわらず、証券価格が高値更新をしない場合に見られ、弱気の乖離は、MACDが最低値を更新しているのに、証券価格が安値更新をしない場合に見られます。いずれの乖離も、比較的買われ過ぎ/売られ過ぎの状態のときに起きる場合は、特に大幅になります。

計算

MACDは26期間の指数平滑移動平均の値から12期間の指数平滑移動平均の値を差引くことで算出されます。9期間のMACDの単純移動平均(シグナルライン)を点線で、MACDの上に表示します。

MACD = EMA(CLOSE, 12)-EMA(CLOSE, 26)
SIGNAL = SMA(MACD, 9)

ここで :
EMA : 指数平滑移動平均
SMA : 単純移動平均
SIGNAL : テクニカル分析シグナルライン

Moving Average Convergence/Divergence