Moving Average(移動平均線)

テクニカル分析であるMoving Average(移動平均線)では、一定期間の証券の平均価格が示されます。移動平均を計算するときは、この期間の証券価格を平均します。価格が変動すると、その価格のMoving Averageは上昇または下降します。

Moving Averageには異なる4つの種類があります。すなわち、: 単純(算術とも呼ばれます), 指数, 平滑 及び 線形加重です。 Moving Averageはあらゆる連続的なデータ、すなわち始値と終値、高値と安値、取引高やその他の分析などについて計算できます。2つの移動平均が使われることが多くあります。

異なる種類の移動平均線が互いに大幅に乖離するのは、最新のデータに割り当てられる加重率が異なる場合のみです。単純移動平均について言えば、対象期間中のすべての価格は価値としては等しくなります。 指数 及び 線形加重の移動平均では最近の価格により大きなウエートを置きます。

価格の移動平均を解釈する最も一般的な方法は、値動きに対してその移動平均のダイナミズムを比較することです。証券価格が移動平均を上回って上昇する場合は買いのシグナルが発生し、価格が移動平均を下回って下降するときは売りのシグナルが発生します。

移動平均に基づくこの取引システムは、まさに最低の時点での市場への参入を可能にしたり、ピークの時点での撤退を可能にするようには設計されていません。このシステムでは次のトレンドに従って、価格が底を打ったすぐ後に買い、価格がピークに達したすぐ後に売ることが可能になります。

移動平均はテクニカル分析にも適用することができます。テクニカル分析の移動平均の動きが価格の移動平均の動きに似ている場合です。すなわち、テクニカル分析が移動平均を上回って上昇する場合はテクニカル分析が上昇する動きが継続し、テクニカル分析がMoving Averageを下回って下降する場合は下降が継続する可能性が高いことを意味しています。

チャート上に次の各種移動平均線があります。

  • 単純移動平均線(SMA)

  • 指数移動平均線(EMA)

  • 平滑移動平均線(SMMA)

  • 線形加重移動平均線 (LWMA)

計算

単純移動平均(SMA)

単純移動平均、別名算術移動平均は、特定の単一期間(例えば12時間)の証券の終値を合計して計算します。次にこの値をその期間の数で割ります。

SMA = SUM(CLOSE, N) / N

ここで :
N : 計算期間の数

指数移動平均(EMA)

指数で平滑化した移動平均線は、現在の終値の特定部分の移動平均を前の値に加えることで計算します。指数で平滑化した移動平均に関しては、最近の価格はより価値があります。Pパーセントの指数移動平均は次のようになります。

EMA = (CLOSE(i) * P) + (EMA(i – 1) * (100 – P))

ここで :
CLOSE (i) : 現在の期間の終値
EMA(i-1) : 前の期間の終値の指数移動平均
P : 価格価値のパーセンテージ

平滑移動平均(SMMA)

この平滑移動平均線の最初の値は単純移動平均(SMA)として次のように計算されます。

SUM1 = SUM(CLOSE, N)
SMMA1 = SUM1/N

2番目及びその後の移動平均はこの公式に従って次のように計算されます。

PREVSUM = SMMA(i – 1) * N
SMMA(i) = (PREVSUM – SMMA(i – 1) + CLOSE(i)) / N

ここで :
SUM1 : N期間の終値の総計
PREVSUM : 前のバーの合計を平滑化したもの
SMMA1 : 最初のバーの平滑移動平均
SMMA(i) : 現在のバーの平滑移動平均(最初のバーを除く)
CLOSE (i) : 現在の終値
N : 平滑化の期間

この公式は算術的な操作により次のように単純化できます。

SMMA (i) = (SMMA(i – 1) * (N – 1) + CLOSE (i)) / N

線形加重移動平均(LWMA)

加重移動平均の場合、最新のデータはそれよりも前のデータよりも価値があります。加重移動平均は、対象データ内の個々の終値を特定の加重率で乗じて計算します。

LWMA = SUM(Close(i)*i, N) / SUM(i, N)

ここで :
SUM(i, N)-加重率の総計

Moving Average