Parabolic SAR(パラボリック)

Parabolic SARテクニカル分析は、トレンドのある市場を分析するために開発されました。このテクニカル分析は価格チャート上に描き出されます。Moving Averaggeと似ていますが、唯一の相違点は、Parabolic SARの方が加速度が高く、価格に対する位置が変化することもあります。強気相場(上昇基調)のときは、テクニカル分析は価格の下側に位置し、弱気相場(下落基調)のときはテクニカル分析は価格の上側に位置します。

価格とParabolic SAR線が交差すると、テクニカル分析は転換し、以後の値は価格の反対側の位置に来ます。このような転換が起きた場合、前の期間の価格の最高値または最安値が、新しい期間の始点となります。テクニカル分析が転換するときは、それまでのトレンドの終了(調整局面または停滞)か、反転のサインです。

Parabolic SARはクローズのタイミングを示唆するという点で非常に優れたテクニカル分析です。価格がSAR線を下回れば、買いポジションをクローズすべきであり、価格がSAR線を上回れば、売りポジションをクローズすべきです。またこのテクニカル分析は、しばしばトレイリングストップの水準としても使うことができます。

買いポジションが建っている場合(すなわち、価格がSAR線の上にあるとき)、価格が上昇しようと下落しようと、Parabolic SARは上昇していきます。SAR線の動く距離は、価格の動く度合いによります。

計算

SAR(i) = SAR(i-1)+ACCELERATION*(EPRICE(i-1)-SAR(i-1))

ここで :
SAR(i-1) : 前のバーのテクニカル分析値
ACCELERATION : 加速因数
EPRICE(i-1) : 直前の期間の最高値(買い持ち時)または最安値(売り持ち時)

このテクニカル分析が価値を増すのは、強気相場において現在のバーの価格が直前の最高値を超えている場合、または弱気相場でその逆の状態の場合です。このような場合、加速因数(ACCELERATION)の値が倍になるため、Parabolic SARがより価格に近づくことになります。言い換えれば、価格の上昇または下落が早いほど、テクニカル分析が価格に近づくのが早くなるということです。

Parabolic SAR