Relative Vigor Index

Relative Vigor Index(RVI)のポイントは、上げ相場では原則として終値が始値より高いということです。下げ相場では逆になります。つまり、Relative Vigor Indexの根底には、値動きの活力すなわちエネルギーは、終値がいくらになるかによって決まるという考え方があります。この指数を1日の取引レンジに正規化するには、1日の価格変動をその日の価格の最大変動幅で割ります。より平滑な計算を行うには単純移動平均を用います。この場合の期間は10期間が最適です。予想される曖昧さを排除するために、シグナルラインを設定する必要があります。これはRelative Vigor Index値の4期間の対称加重移動平均となります。ラインが一致すれば、買いまたは売りのシグナルになります。

計算

RVI = (CLOSE-OPEN)/(HIGH-LOW)

ここで :
OPEN : 始値
HIGH : 高値
LOW : 安値
CLOSE : 終値

Relative Vigor Index