Williams’ Percent Range

Williams’ Percent Range(%R)はダイナミックなテクニカル分析で、相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを判断します。ウィリアムズ%Rは Stochastic Oscillatorに非常によく似ています。唯一の違いは、%Rでは目盛りが逆になっていることと、Stochastic Oscillatorは平滑化されていることです。

Williams’ Percent Rangeではこのように目盛りが逆転して表示されるため、数値の前にマイナスの符号をつけます(例えば-30%)。分析を行う際にはマイナスの符号を無視してください。

このテクニカル分析の数値が80から100%の時は相場が売られ過ぎていることを示し、0から20%の時は相場が買われ過ぎていることを示します。

買われ過ぎ/売られ過ぎを示す全てのテクニカル分析と同じように、証券価格の方向性が変わるのを待って注文を出すことをお勧めします。例えば、買われ過ぎ/売られ過ぎテクニカル分析が買われ過ぎの状況を示している場合、価格が下落するのを待って証券を売るのが賢明です。

Williams’ Percent Rangeの興味深い現象として、該当証券価格の反転を予測する並外れた能力があります。このテクニカル分析はほぼ確実に、証券価格がピークに達して反落する数日前にピークを形成し下落します。同様に通常、谷を形成し、証券価格が反発する数日前に上昇します。

計算

以下は%R分析の計算式ですが、 Stochastic Oscillator の計算式に非常によく似ています。%R = (HIGH(i-n)-CLOSE)/(HIGH(i-n)-LOW(i-n))*100

ここで :
CLOSE : 当日の終値
HIGH(i-n) : 直前のn期間中の最高値
LOW(i-n) : 直前のn期間中の最安値

Williams’ Percent Range