最適化の設定

最適化は同じデータ上で入力値が異なる同じエキスパートの連続パスを表わします。この時点で、エキスパートの効率を最大にするようにパラメータをとることができます。ターミナルにはこのプロセスの自動化を可能にする手法が組み込まれています。エキスパートパラメータの最適化を開始する前に、それらを設定する必要があります。そのためには次のことを行う必要があります。

ターミナルでエキスパートのテストと最適化には「テスター」 と名付けられている特別のウィンドウを使います。上記のすべてパラメータはこのウィンドウの「設定」タブで設定されます。

エキスパートアドバイザとそのパラメータ

「テスター⇒エキスパート」ウィンドウで最適化をするエキスパートを選択します。ここで選択できるのは、クライアントターミナルで使用可能なエキスパートだけです。選択するためには、ファイルをコンパイルして/EXPERTSフォルダに保存しなければなりません。

エキスパートの選択後、テストパラメータとその値を設定する必要があります。これは「エキスパートプロパティ」ボタンをクリックして行うことができます。この時点で、以下の3つのタブのある新しいウィンドウが表示されます。

  • テスト : 一般的な最適化パラメータをこのタブで設定します。これらは相応する欄に入力する初回預り証拠金の額と通貨です。最適化中にエキスパートによって運用されるのはこの証拠金です。オープンするポジションのタイプもこのタブで選択されます。ロングのみ、ショートのみ、またはロング & ショートがあります。どのようなエキスパートアルゴリズムが使用されようと、ポジションは指定された方向でのみオープンします。最適化のジェネティックアルゴリズムを含めて、最適化するパラメータ(残高による最大化、利益率、期待ペイオフ、または最大ドローダウン値または率による最小化)を選択することができます。

  • 入力値 : すべてのパラメータのリストがここに表示されます。パラメータの値はエキスパートのオペレーションに影響を与え、クライアントターミナルから直接変更出来る変数です。これらのこれらのパラメータを変更するために、エキスパートコードを変更する必要はありません。入力変数の数はエキスパートによって異なります。最適化では、パラメータの値は、「スタート」、「ステップ」、及び「ストップ」欄に設定されます。外部変数の初期値、間隔変更、及び最終値をそれぞれこれらの欄に設定します。変数名の左にパラメータを最適化プロセスに含めるチェックボックスがあります。変数名がこのチェックボックスでチェックされない場合、その変数は最適化に関係しません。その値は最適化プロセスの中では変更されず、「値」欄に入力されたパラメータがここに書き込まれます。エキスパートパスの数はこれらのパラメータに直接依存します。「値」欄に書かれたデータはエキスパートの最適化に影響がなく、そのテストのためにのみ必要なものです。

    以前にすでに保存されている入力値のセットは(「スタート」、「ステップ」、及び「ストップ」欄に入力されたものを含めて)ダウンロードすることができます。これは「ロード」ボタンをクリックし、予め保存されているパラメータのセットを選択して行うことができます。外部変数の現在のセットは相応するボタンをクリックして保存することができます。

  • 最適化 : このタブでは最適化時の制限を管理することができます。個別のプロセス中で何かの条件に適合すると、エキスパートのこのパスは中断されます。制限パラメータは以下の通りです。

    1. 最小預り証拠金残高 : 証拠金通貨単位の最小預り証拠金残高です。

    2. 最大利益 : 証拠金通貨単位の最大利益です。

    3. 最小必要証拠金水準 %: パーセント単位の最小必要証拠金水準です。

    4. 最大ドローダウン %: パーセント単位の最大ドローダウンです。

    5. 連続損失 : 連続損失内の最大の損失。連続損失は連続する損失取引の数です。

    6. 連続損失取引 : 最大連続損失の取引数です。

    7. 連続勝利 : 連続勝利内の最大の勝利。連続勝利は連続する勝利取引の数です。

    8. 連続勝利取引 : 最大連続勝利の取引数です。

    条件の制限を有効にするには、左側のチェックボックスにそのフラグを設定する必要があります。「値」欄で左マウスボタンをダブルクリックして、既存のパラメータを変更することができます。

通貨ペアとその周期

テストを開始するためには、1つのエキスパートを選択して、それを設定するだけでは十分ではありません。テストのための通貨ペアと周期を選択します。これらはテストに使用されるデータです。テストでは、ターミナルで使用可能な通貨ペアを選択するか外部データファイルを使用することができます。/TESTERディレクトリに保存されている*.FXTフォーマットのヒストリーデータファイルがテストに使用されます。これらのファイルは、ターミナルで使用可能な通貨ペアが選択されると、テストで自動的に作成されます。外部データを使用する場合は、このテストの継続を上書きしないため、相応するファイルを/TESTERディレクトリに手動で保存して「再計算」を使用不可にする必要があります。

通貨ペアは「通貨ペア」の欄に定義されており、周期は「周期」欄に定義されています。この通貨ペア、周期及びモデル化方法のデータファイルがない場合、データファイルは自動的に作成されます。必要なファイルがすでに作成されており、「再計算」オプションが使用可能となっている場合、データファイルが再生成されます。通貨ペアまたは周期のヒストリーファイルがない場合、

設定