起動時の構成

クライアントターミナルでは、起動時の設定をあらかじめ決めておくことができます。そのために、構成ファイル名がパラメータとして、クライアントターミナルに渡されます。

例 :

    terminal.exe config\start.ini    terminal.exe test1.txt    terminal.exe "C:\Program Files\MetaTrader 4\config\settings25.ini"  

ファイルへのフルパス(ドライブ名:\サブディレクトリー\ファイル名)が指定されていない場合には、クライアントターミナルのディレクトリ内を検索します。構成ファイルには、次の形式の行が含まれます。
[パラメータ]=[値][Parameter] = [Value]

コメントはセミコロン(;)で始まり、処理の対象にはなりません。

構成ファイルのパラメータは、次に挙げるいくつかのグループに分類することができます。共通設定、プロキシサーバ設定(ターミナル設定の「サーバ」タブ)、FTP設定(サーバ設定の「パブリッシャ」タブ)、EA設定(サーバ設定の「エキスパートアドバイザー」タブ)、エキスパートまたはスクリプトの単独起動設定、テスター起動の設定です。

共通設定

  • Profile : /profilesディレクトリー内のサブディレクトリ名です。クライアントターミナルでは、指定されたプロファイルに応じてチャートが開きます。このパラメータが指定されていない場合には、現在のプロファイルで開きます。

  • MarketWatch : 「気配値表示」ウィンドウで表示される通貨ペアのリストを含むファイル名(\通貨ペアsetsディレクトリ)です。このようなファイルは、ウィンドウコンテキストメニューコマンドの「気配値表示⇒表示通貨ペアの組合せ⇒名前を付けて保存」により取得することができます。

  • Login : 起動時に接続する先のアカウントの番号です。このパラメータが指定されていない場合には、現在のログインが使用されます。

  • Password : システムへのアクセスを許可するパスワードです。クライアントターミナルがディスク上に個人データを保管しており、接続しようとしているアカウントがそのリストの中に含まれている場合には、このパラメータは無視されます。

  • Server : 接続する先の取引サーバ名です。サーバ名は/configディレクトリ内に格納されている、対応する.srvファイル名と同じ名前になります。接続する先のアカウントについての情報がディスク上に保管されている場合には、このパラメータは無視されます。

  • AutoConfiguration : 自動構成を有効にするか否かによって、「true」または「false」のいずれかの値をとります。このパラメータが指定されていない場合には、現在のサーバ設定の値が使用されます。

  • DataServer : データセンターのアドレスです。サーバの自動構成が有効になっている場合は、このレコードは無視されます。このパラメータが指定されていない場合には、現在のサーバ設定の値が使用されます

  • EnableDDE : DDE(動的データ交換)サーバを有効にするか否かによって、「true」または「false」のいずれかの値をとります。このパラメータが指定されていない場合には、現在のサーバ設定の値が使用されます。

  • EnableNews : ニュースの受取を有効にするか否かによって、「true」または「false」のいずれかの値をとります。このパラメータが指定されていない場合には、現在のサーバ設定の値が使用されます。

例:

    ; common settings    Profile=test 3    MarketWatch=set2.set    Login=12345    Password=xxxxxx    Server=MetaQuotes-demo    AutoConfiguration=false    DataServer=192.168.0.1:443    EnableDDE=true    EnableNews=false  

プロキシサーバ設定

  • ProxyEnable : 取引サーバへの接続に、プロキシサーバを使用するか否かによって、「true」または「false」のどちらかの値をとります。

  • ProxySever : プロキシサーバのアドレスです

  • ProxyType : プロキシサーバのタイプです。「HTTP」、「SOCKS4」、「SOCKS5」のいずれかとなります。

  • ProxyLogin : プロキシサーバへのアクセスが許可されるログインです。

  • ProxyPassword : プロキシサーバにアクセスするためのパスワードです。

上記パラメータのいずれかが指定されていない場合、現在のクライアントターミナル設定(クライアントターミナル設定の「サーバ」タブ内のプロキシ設定)が使用されます。

例:

    ; proxy settings    ProxyEnable=true    ProxyServer=proxy.company.com:3128    ProxyType=HTTP    ProxyLogin=user45    ProxyPassword=xxx  

FTP(ファイル転送プロトコル)設定

  • FTPEnable : パブリッシングを有効/無効にします。「true」または「false」のいずれかの値をとります。

  • FTPPassiveMode : データ転送のパッシブモードを有効/無効にします。「true」または「false」のいずれかの値をとります。

  • FTPAccount : FTPにその状態が送られるアカウントの番号です。

  • FTPServer : FTPサーバのアドレスです。

  • FTPLogin : FTPサーバへのアクセスが許可されるログインです。

  • FTPPassword : FTPサーバにアクセスするためのパスワードです。

  • FTPPath : レポートが配置されるFTPサーバのディレクトリー名です。

  • FTPPeriod : FTPサーバへ報告を行う周期(分単位)です。

上記パラメータのいずれかが指定されていない場合、現在のクライアントターミナル設定(サーバ設定の「パブリッシャ」タブ)が使用されます。

例:

    ; ftp settings    FTPEnable=true    FTPPassiveMode=false    FTPAccount=12345    FTPServer=ftp.company.com    FTPLogin=admin    FTPPassword=pAssWOrd123    FTPPath=/inetpub    FTPPeriod=10  

EA設定

  • ExpertsEnable : エキスパートを有効/無効にします。

  • ExpertsDllImport : インポート‐DLL(ダイナミックリンクライブラリー)インポートを有効/無効にします。

  • ExpertsDllConfirm : DLL関数呼び出し時の手動確

    起動時の構成